(生き方)いまさら地方公務員なんてやめとけ、マジ終わってるから!!その2

2021年2月18日

公務員はオワコンか

オワコン

rewrite:2020.03.09/2021.02.18

前回に引き続き、公務員について語るよ!

はっきり言おう。
オワコンだ。
公務員志望の若者には申し訳ないが、これから公務員を目指すことをオススメしない。
われわれ世代、アラフォー世代は就職氷河期ということもあり、
超高学歴の人材がポンポンと地方自治体へ就職していたらしいが、
そんなに高学歴なのに年収にして700〜800万円が限度だ。
東大卒と京大卒とかの優秀な若人が普通に県職員になっても、その年収じゃ、
夢、なさすぎじゃないかい?

そんな公務員が、なぜオワコンなのか語ります。
公務員に近い立ち位置にいるので良くわかるのです。
ああ、公務員まじで終わってんな・・・って。

超高齢化と人口減少には勝てない

日本の人口が減り続けていることはもはや誰でも知ってる事実です。
我が国社会保障制度の構成と概況の「日本の人口の推移」という資料を引用すると、2060年には総人口は9,000万人を下回り、生産人口(18歳〜64歳)は4,418万人にまで落ち込むとされています。

人口推移

生産人口が減れば、働き手が減る。
つまり経済規模も小さくなる可能性が高い。
GDP(国内総生産)も減ることが予測される。
高齢化率は2060年には40%程度になると予想され、
少ない生産人口で多くの高齢者を養うような社会保障の構図になる。
もちろん税収は落ち込み、社会保障費は高くなる、
そんな中、公務員の給料を優先して国が出すのか。

答えは”NO"ですよ。

IT・ICTによって事務効率をアップさせたことにすれば、公務員も減らせる大義名分になるし、
年金支給開始もどんどん遅らせて75歳開始とか80歳開始とかにしちゃえば掛け金かけるだけかけて、もらうまえにコロリと逝っちゃう。
われわれ世代は搾取されるのです。

リストラが待っている?

リストラ

ここ5年〜10年程度で、公務員の組織体系は大きく変わることが予測されている。
いつまでも公務員に高い給料はらえる財源も税収もないからです。
だけど、公務員は、地公法(地方公務員法)に身分の保障を謳われています。
そう簡単にリストラにはならないでしょう。労働組合も抵抗します。
じゃあ、どうなるでしょうか。

クビにできない・・・
お金がない・・・

となると、、、?

給料が見直されることになります。

給与カット

必ず、ここ数年で給与の大幅な見直しが行われることでしょう。

再就職が厳しい公務員

潰しが効かない公務員

「公務員は潰しが効かない」という言葉があります。
つまり再就職が厳しい、という意味です。
「公務員はスペシャリストではない、ジェネラリストだ。」という言葉もあります。
通常3年程度で異動をする公務員は、公務員個人がスキルを持つことはできない。
これは組織の仕組みがそうなっているからです。
なので、高度なスキルを公務員が身につけることはないし、その必要もないのです。
身分保障があるのだから、その必要もないのです・・・(そんなはずないけど)。

なので、
公務員になること=スキルを身につけることを放棄することに近いのです。
だから辞めた後の再就職が厳しいと言われている。

労働環境はさらに悪化する

(生き方)いまさら地方公務員なんてやめとけ、マジ終わってるから!!その2

人は当然減らされることとなる。
人件費は本当に大きいので、削減が必須なんです。
定年退職などの自然減と、採用人数の抑制によって各職場の職員数は激減するのは間違いありませんが、
これはICT活用などの高度な情報化が進むことで事務が効率化されることとは、関係なく実施されます。
どうあっても人は減らされます。

そして、田舎への情報化の波は遅い。
効率化も進まない職場だらけです。
ITリテラシーも低い田舎の小さな自治体は、

人も減るし、情報化もされない。

えっ?それ大丈夫なの?ってレベルで劣悪な労働環境になっています。
今や田舎の自治体ってブラック企業レベルです。

中の人たちは、本当に辛そうです。みてて心が痛むほど・・・。

若い世代が搾取される日本の構図

(生き方)いまさら地方公務員なんてやめとけ、マジ終わってるから!!その2

どう言い訳したって、日本の構造はおかしい。
年金ひとつとっても搾取されまくる若者世代。

アラフォー以下世代は、公務員で逃げ切ることも厳しいでしょう。

公務員といえば、若年では薄給で有名。
40前後からようやく公務員のいいところがでて、給料も人並みに貰え出す。年功序列の給与体系で最もおいしい時期に差し掛かるアラフォー世代。

はい、しかし・・・

大幅に給与が削減され、労働環境が厳しくなります。

ちょっと、可哀想なレベルで公務員のいいところをとり逃すアラフォー以下世代。

さて、公務員に未来はあるといえますか?
若い世代の公務員も思考停止して、ただ働き続けていていいのでしょうか?

私は思います。それはあまりにも怖い。
でも、親世代は言います。

「公務員は安定、安泰。」

この時代でも、それを信じています。
現実は、こんなに厳しいというのに。

給料はもらえます。
薄給ですけどね。
ただ、心を病むほど過酷な仕事に対して、もらえる報酬の額が、割りにあっていない。サラリーマン全般にいえますが、どうしても日本の会社員って働きすぎ、そして効率より根性論の部分が強い。それが個人を食い潰す原因になっています。

人生仕事だけじゃないのですから、
家族、趣味、自分の楽しいことに人生を使うことの何が悪いのでしょうか。自分でコントロールできない人生に残るのは、なんでしょうか。「後悔」だけです。仕事に人生を汚されるのは、避けなくてはならない命題だと、私は思っています。

まとめ

以上、読めば読むほど公務員になりたくなくなったことでしょう。
だからといって、一般企業が安定しているわけじゃないことは、みなさんもご存知でしょう。
日本企業も、公務員と同様にオワコン化しているのだから。
じゃあ、どうすりゃいいのよ?
・・・それは、もう明らかで自分で稼げる力を身につけるしかないですよ。
勉強しない人は時代に取り残されて辛い思いをするのが目に見えています。

副業しましょう。
転職しましょう。
ブログ書きましょう。
Youtubeやりましょう。
SNS発信しましょう。

うん。それしかないです。
そういいつつ、私も副業をがんばります。